MACDの使い方

MACD

MACD

MACDは指数平滑移動平均の長期と短期の2本のラインを表示して、トレンドの方向や転換などを判断するテクニカル指標です。
トレンド発生時には特に有効ですが、レンジ相場には弱いというデメリットがあります。
シグナルがわかりやすいので、世界中のトレーダーに人気のあるテクニカル指標です。

MACDの使い方

MACDとMACDシグナルのゴールデンクロスで買いサイン、デッドクロスで売りサインです。
MACDが0ラインを上回ったら買いサイン、下回ったら売りサインです。
MACDとMACDシグナルが0ラインを上回っている状態だと上昇トレンド、下回っている状態だと下降トレンドと見ることができます。

ヒストグラムはMACDからMACDシグナルをマイナスしたものです。
MACDとMACDシグナルがゴールデンクロス・デッドクロスすればヒストグラムはプラスとマイナスを転換し、視覚的にもわかりやすくなっています。
トレンド転換の判断としてはダイバージェンスとコンバージェンスが使われることが多いです。

おすすめ記事

1分足MACDとRSIで波に乗っていく MACDは世界中のトレーダーに大変人気のあるオシレータですが、レンジになるとダマシが頻繁に現れるというデメリットがあります。RSIとEMAでフィルターにかけることによって、精度の高いトレードを可能に[…]

MACDゴールデンクロス
おすすめ記事

日足EMAのシンプルトレンドフォロー 日足のEMA25を見て直近の流れを見ます。 流れに沿った方向にブレイクしたところをエントリーしていきますが、タイミングは欧州、アメリカ時間のボラの大きい市場に限ります。 東京時間ではレジスタンス、[…]

サインが出たら続けてエントリーする