アルーン|インジケータ|使い方

アルーン

アルーンインジケータはトレンドの発生と強弱を判断するテクニカル指標です。
過去にどれだけ高値安値が更新されているかをもとに算出され、アルーンアップとアルーンダウンという2本のラインによって示されます。

アルーンアップとアルーンダウンが重なり揉み合っている状態はレンジだと判断します。
アルーンが100付近で張り付いていたらトレンドが発生していると判断します。

アルーンインジケータは0~100の間に表示されます。

アルーン|インジケータ|使い方

アルーンアップがアルーンダウンを下から上に抜けたら買いサインです。
アルーンダウンがアルーンアップを下から上に抜けたら売りサインです。

アルーンアップが100付近で継続して推移しているときは強い上昇トレンドと判断します。
アルーンダウンが100付近で継続して推移しているときは強い下降トレンドと判断します。

アルーンオシレータ

アルーンオシレータはアルーンアップからアルーンダウンを引いた数値で表示されます。
使い方はアルーンインジケータとまったく同じです。
アルーンインジケータがクロスすれば、アルーンオシレータは0ラインを境にプラスとマイナスを反転します。
視覚的にはアルーンオシレータのほうがわかりやすいですが、あくまでアルーンインジケータを簡易的にしたものなので、細かい動きや雰囲気はアルーンインジケータのほうが掴みやすいです。

アルーンオシレータ|インジケータ|使い方

おすすめ記事

2つのパラボリックSARでトレンドフォロー パラボリックを使ったトレンドフォローの手法です。 2つのパラボリックによって、トレンドの強さと反発の強さを同時に見ます。 反発をピンポイントで狙って、損失は小さくしますが、利益は目一杯伸ばし[…]

2つのパラボリック