2つのパラボリック

2つのパラボリックSARでトレンドフォロー

2つのパラボリックSARでトレンドフォロー

パラボリックを使ったトレンドフォローの手法です。
2つのパラボリックによって、トレンドの強さと反発の強さを同時に見ます。
反発をピンポイントで狙って、損失は小さくしますが、利益は目一杯伸ばしていきます。

トレード準備

ドル円の15分足を表示します。
パラボリック(0.025、0.06)とパラボリック(0.06、0.06)を表示します。

パラボリック(0.025、0.06)とパラボリック(0.06、0.06)

エントリーと決済

2つのパラボリックにタッチせずに30本以上の足が続くのを待ちます。
パラボリック(0.025、0.06)にタッチせずに、パラボリック(0.06、0.06)だけがタッチした後に、前の足をブレイクしたら、ブレイクした方向にエントリーします。

2つのパラボリック

2つのパラボリック

2つのパラボリックにタッチしてしまったときは見送りです。

2つのパラボリックにタッチ

損切は直近安値を割れたポイントに置きます。
利確は2回にわけます。
一度目はパラボリック(0.06、0.06)にタッチしたポイントに置きます。
ここでポジションの半分を決済します。

パラボリックタッチの利確と損切

二度目の利確は損切幅の10倍に置きます。
ここで残りの半分のポジションを決済します。

2つパラボリックの利確

利確を2回にわけていますが、たんにパフォーマンスだけを考えたら損切幅の10倍のみにしたほうがよいです。ただその場合、連敗が続くことが多く、収支が安定しないため2回の利確を採用しています。

おすすめ記事

EMA長期中期短期を使った押し目トレード EMAのゴールデンクロスとRSIの買われすぎによって相場の勢いを判断します。 ただ、勢いが出た後に、一度は反発の売りが入ってくる可能性が高いです。 一連の売りがおさまって押し目を確認できたら、[…]

EMAとRSI