追加でエントリー

日足と15分足EMA25のトレンドフォロー

MA 追加でエントリー

日足と15分足EMA25のトレンドフォロー

日足の押し戻りを狙っていきます。
日足のEMA25でトレンドを確認した後に15分足でエントリーのタイミングをはかっていきます。
やみくもにエントリーしていっては利益は出ないですが、15分足の動きで精度を高めていきます。
勢いのある通貨、銘柄を選ぶことができれば、利益を伸ばしやすくなります。

トレード準備

ポンド円の日足とEMA25を表示します。
EMA25より下にレートがあるときは売りのみです。(以降買いの場合は逆)
なるべくトレンドが出ていることが望ましいです。

日足EMA25

エントリーと決済

15分足に切り替えてEMA25を表示します。
一度、ローソク足がEMA25の上に完全に抜けるのを待ちます。
1本の足が安値から高値まですべてEMA25を抜けるのが条件です。

EMA25でフィルター

上に完全に抜けた後、下に抜けるのを確認します。
陽線が出たら、直近の安値をブレイクでエントリーです。

エントリータイミングの条件

損切はエントリー後の直近高値を抜けたポイントです。
利確は損切幅の5倍のポイントに置きます。

損切と利確

ポジション保有中にサインが出たら、追加でエントリーしていきます。

ピラミッティング

反転するまで、サインが出るたびにエントリーしていきます。

追加でエントリー

EMA25が横ばいのときはレンジが続きやすいのでエントリーは見送ります。

レンジ相場

日足ではっきり方向感が出ていたほうが取りやすいです。
さまざまな通貨を観察して、日足のトレンドが強くて旬なものを選択します。
レンジになったら無理はせずに、他の通貨を探します。
追加でエントリーしていくので、レバレッジは小さくしていきます。
トレンドが出たら躊躇せずに入っていって、最大利益を目指します。

おすすめ記事

2つのパラボリックSARでトレンドフォロー パラボリックを使ったトレンドフォローの手法です。 2つのパラボリックによって、トレンドの強さと反発の強さを同時に見ます。 反発をピンポイントで狙って、損失は小さくしますが、利益は目一杯伸ばし[…]

2つのパラボリック