RVI Relative Vigor Index 相対活力指数

RVI Relative Vigor Index 相対活力指数

RVIは相場のボラティリティが拡大しているのか縮小しているのかを測るテクニカル指標です。
RVIが0ラインから離れ、角度が急であるほどボラティリティが大きく、0ラインに近づき、横ばいであるほどボラティリティが小さいと判断します。
RVIが下げているからといって、ボラティリティが小さくなったとは限らないので注意してください。
また、ボラティリティと同時に相場の方向性も見ることができます。

RVI Relative Vigor Index 相対活力指数

RVIがゴールデンクロスしたとき買いサインです。
RVIがデッドクロスしたとき売りサインです。

ストキャスティクスやRSIとよく似ていますが、RVIは標準偏差が組み込まれて算出されていて、その点が違いとなっています。

オシレータ系のテクニカル指標と併用されることが多いです。

0ラインを中心に推移して、RSIのような上限下限はありません。

おすすめ記事

ブレイクアウトのだましを使って利益を出す手法 ブレイクアウトのだましが発生した際のロスカットに乗って利益を出していきます。 直近の高値安値にラインを引いて、ブレイクアウトが失敗したと確認してからエントリーしていくので、それなりに勝率が望[…]

ブレイクアウトのだましを使って利益を出す手法
おすすめ記事

CCI  コモディティ・チャネル・インデックス CCIは相場の買われすぎ、売られすぎを測るテクニカル指標です。 名前にコモディティ(商品)と入っている通り、もともとは商品市場で生まれ使われ始めたテクニカル指標です。 トウモロコシ、大豆[…]

CCIをFXで使う
おすすめ記事

アリゲーター Alligator Gator Oscillatorゲーターオシレータ アリゲーターはビルウィリアムズによって考案されたもので、トレンドが発生しているかどうかを判断するテクニカル指標です。 緑、赤、青の3本の平滑移動平均線[…]

アリゲーター  Alligator   Gator Oscillator ゲーターオシレーター