レンジブレイク

レンジブレイクの勝率を上げるボリバンとケルトナーチャネルを使ったエントリー

レンジブレイクの勝率を上げるボリバンとケルトナーチャネルを使ったエントリー

ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの組み合わせのスクイーズでレンジ相場を判断して、エネルギーがたまった後のブレイクアウトを順張りでエントリーしていきます。
たんなるボリバンのスクイーズからのエクスパンションでは騙しが多発しますが、ケルトナーチャネルを重ねることによって回避します。

トレード準備

ドル円15分足を表示します。
ボリンジャーバンド(21、2σ)を表示します。
ケルトナーチャネル(25)を表示します。

FXにおけるケルトナーチャネルの使い方

エントリーと決済

ボリンジャーバンドがケルトナーチャネル内におさまって足が15本以上続いてレンジが形成されるのを確認します。

ケルトナーチャネルスクイーズ

直近の高値か安値を実体で抜けたら確定した後にブレイクした方向にエントリーします。

レンジブレイク

損切はエントリーした足をブレイクしたポイントに置きます。
利確はボリンジャーバンドのミドルバンドを下抜けて実体で確定したポイントです。

損切と利確

オセアニア時間や指標のときはブレイクしても見送ります。
すべての時間足、通貨、銘柄で可能ですが、チャンスが少ない手法です。
1分足や5分足など短いスパンになると、さらに顕著になります。
チャンスは少なくても勝率は高く、利益も伸ばしやすい優れた手法なので、幅広い時間足、銘柄をモニタリングして、ケルトナーチャネルとボリンジャーバンドのスクイーズによるレンジが発生したら、そのチャートに集中するのが有効でしょう。

おすすめ記事

パーフェクトオーダーEMA5分足の押し目順張り手法 パーフェクトオーダーによって明確なトレンドを確認して、さらに一旦押してからの反発を見てエントリーして精度を上げていきます。 トレード準備 ドル円5分足を表示します。 EMA10、3[…]

パーフェクトオーダー
おすすめ記事

乖離率(移動平均乖離率) 乖離率(移動平均乖離率)は価格が移動平均とどれくらい離れているかを示したテクニカル指標です。 相場の価格は移動平均から大きく離れることもありますが、やがては修正されるという考えに基づいています。 一定の乖離が[…]

乖離率(移動平均乖離率)
おすすめ記事

三尊反転後をトレンドラインで逆張り 買われすぎ売られすぎの局面で、トレンドラインによってピンポイントで反発を拾っていきます。 ヘッドアンドショルダーやダブルトップのネックラインを抜けて、一時的な注文が集まったときに買われすぎ売られすぎの[…]

ラインにタッチしたらエントリー