2つのパラボリック

2つのパラボリックSARでトレンドフォロー

2つのパラボリックSARでトレンドフォロー

パラボリックを使ったトレンドフォローの手法です。
2つのパラボリックによって、トレンドの強さと反発の強さを同時に見ます。
反発をピンポイントで狙って、損失は小さくしますが、利益は目一杯伸ばしていきます。

トレード準備

ドル円の15分足を表示します。
パラボリック(0.025、0.06)とパラボリック(0.06、0.06)を表示します。

パラボリック(0.025、0.06)とパラボリック(0.06、0.06)

エントリーと決済

2つのパラボリックにタッチせずに30本以上の足が続くのを待ちます。
パラボリック(0.025、0.06)にタッチせずに、パラボリック(0.06、0.06)だけがタッチした後に、前の足をブレイクしたら、ブレイクした方向にエントリーします。

2つのパラボリック

2つのパラボリック

2つのパラボリックにタッチしてしまったときは見送りです。

2つのパラボリックにタッチ

損切は直近安値を割れたポイントに置きます。
利確は2回にわけます。
一度目はパラボリック(0.06、0.06)にタッチしたポイントに置きます。
ここでポジションの半分を決済します。

パラボリックタッチの利確と損切

二度目の利確は損切幅の10倍に置きます。
ここで残りの半分のポジションを決済します。

2つパラボリックの利確

利確を2回にわけていますが、たんにパフォーマンスだけを考えたら損切幅の10倍のみにしたほうがよいです。ただその場合、連敗が続くことが多く、収支が安定しないため2回の利確を採用しています。

おすすめ記事

RVI Relative Vigor Index 相対活力指数 RVIは相場のボラティリティが拡大しているのか縮小しているのかを測るテクニカル指標です。 RVIが0ラインから離れ、角度が急であるほどボラティリティが大きく、0ラインに近づ[…]

RVI Relative Vigor Index 相対活力指数
おすすめ記事

1分足MACDとRSIで波に乗っていく MACDは世界中のトレーダーに大変人気のあるオシレータですが、レンジになるとダマシが頻繁に現れるというデメリットがあります。RSIとEMAでフィルターにかけることによって、精度の高いトレードを可能に[…]

MACDゴールデンクロス
おすすめ記事

乖離率(移動平均乖離率) 乖離率(移動平均乖離率)は価格が移動平均とどれくらい離れているかを示したテクニカル指標です。 相場の価格は移動平均から大きく離れることもありますが、やがては修正されるという考えに基づいています。 一定の乖離が[…]

乖離率(移動平均乖離率)