平均足とEMAで押し目

平均足とEMAで押し目 平均足で押し目の初動を拾っていきます。 EMAでトレンドを見て、十分引き付けて、だましを回避していきます。 利確は損切の3倍にして、トータルで利益が残るようにします。 トレード準備 ドル円15分足バーチャートを表示します。 いろいろなスタイルの平均足がありますが、ローソク足に被せて表示するタイプが多く、見にくくなるのを防ぐためにバーチャートに変更しています。 EMA25、E […]

2つのパラボリックSARでトレンドフォロー

2つのパラボリックSARでトレンドフォロー パラボリックを使ったトレンドフォローの手法です。 2つのパラボリックによって、トレンドの強さと反発の強さを同時に見ます。 反発をピンポイントで狙って、損失は小さくしますが、利益は目一杯伸ばしていきます。 トレード準備 ドル円の15分足を表示します。 パラボリック(0.025、0.06)とパラボリック(0.06、0.06)を表示します。 エントリーと決済 […]

パラボリックSAR

パラボリックSAR パラボリックSARはトレンドの転換点をはかるテクニカル指標です。 SARはストップアンドリバースの略で、ストップはポジションを決済すること、リバースはドテンすることです。常にポジションを持つ続け、サインがでたらドテンするのが本来のパラボリックSARの使い方ですが、状況に応じて無理にポジションを取る必要はありません。 下降しているSARにタッチしたら買いサインです。 上昇している […]

1時間足ブレイクの後に1分足ボリバンでエントリー

1時間足ブレイクの後に1分足ボリバンでエントリー 1時間足で実体ブレイクして勢いが強まった後に、さらに1分足で勢いのあるところでエントリーしていきます。 勢いが続けばそのまま利益を伸ばしていき、反発を見せたら最小の損失ですぐに切ります。 トレード準備 1時間足を表示して直近の高値安値を確認します。 この手法における高値安値は陽線と陰線によって作られた山と谷とします。 高値(山)を抜けたら買い、安値 […]

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド ボリンジャーバンドは相場の勢い、反転、方向の目安を見るテクニカル指標で、標準偏差と正規分布の考え方によって算出されたバンドが表示されます。 バンドに張り付いた状態(バンドウォークと言います)になると、勢いがあると判断して順張りのサインです。 トレーダーにとても人気の高いテクニカル指標です。 任意の期間の標準偏差を算出して、移動平均に対して加算したものをXσ、-Xσとして表示しま […]

エルダーレイヒゲの逆張り

エルダーレイヒゲの逆張り ヒゲになったところの反転を狙って取っていきます。 エルダーレイによって買い圧力と売り圧力を読み取り、反転の可能性の高いヒゲを確認してエントリーします。 トレード準備 ドル円の15分足を表示します。 エルダーレイ(14)を表示します。 エントリーと決済 エルダーレイのブルが上向き、ベアーが下向きになるのを確認します。 ローソク足のヒゲが実体より長くなったら、足が確定した後、 […]

フィボナッチのタッチから押し目エントリーで勝つ

フィボナッチのタッチから押し目エントリーで勝つ 大きく動いた後の押し戻りをフィボナッチによってエントリーしていきます。 チャンスは少ないですが、手堅く取れるところを逃さず取っていきます。 トレード準備 ドル円の1時間足を表示します。 フィボナッチリトレースメント(61.8%-50.0%-38.2%-23.6%)を表示します。 1時間足で大きく動いたのを確認して、フィボナッチを引きます。 下降したと […]

アクセラレーターオシレーター  AC   Accelerator Oscillator

アクセラレーターオシレーター ACはトレンドの強弱と方向性を測るテクニカルオシレーターです。 移動平均の差から、さらに移動平均の差を取って計算するため、MACDからさらにMACDを算出したようなものです。 ACは-1.0から1.0の間で推移します。 ACが0ラインより下で緑のラインが2本続いたとき買いサインです。 ACが0ラインより上で赤のラインが2本続いたとき売りサインです。 オーサムオシレータ […]

モメンタム

モメンタムの使い方 モメンタムは相場の勢いや反転の目安を確認するテクニカル指標です。 モメンタムの数値の上限下限はありません。 基準値は0の代わりに100を使う場合もあります。 モメンタムが0ラインを下から上に抜けたとき買いサインです。 モメンタムが0ラインを上から下に抜けたとき売りサインです。 モメンタムが一度高値安値を付けた後に、更新しないで横ばいになっているときは、反転の兆しと判断できます。 […]