ケルトナーチャネル|インジケータ|使い方・見方|FXでケルトナーチャネルをどう使うか

ケルトナーチャネル

ケルトナーチャネルは中央の移動平均線の上下に値幅の平均線(ATR)のラインを表示させたテクニカル指標です。
値幅の平均線は過去の「高値-安値」を平均したものです。
ケルトナーチャネルとよく似ているエンベロープは、単純に移動平均線を上下にずらしたもので、この点が2つの違いとなっています。

バンドを抜けた方向に勢いがあると判断して、順張りで使うテクニカル指標です。

ケルトナーチャネル|インジケータ|使い方・見方|FXでケルトナーチャネルをどう使うか

価格がハイバンドを上に抜けたら買いサインです。
価格がローバンドを下に抜けたら売りサインです。

ケルトナーチャネルはもともと単純移動平均が使われたシンプルなものでしたが、その後さまざまな改良がされて、今ではそちらの改良後のものが使われることが多いです。

レンジ相場ではだましが頻出することになります。他のインジケータを併用したり、上位足も観察して判断する必要があります。

おすすめ記事

平均足とEMAで押し目 平均足で押し目の初動を拾っていきます。 EMAでトレンドを見て、十分引き付けて、だましを回避していきます。 利確は損切の3倍にして、トータルで利益が残るようにします。 トレード準備 ドル円15分足バーチャー[…]

平均足が上抜けてエントリー
おすすめ記事

2つのパラボリックSARでトレンドフォロー パラボリックを使ったトレンドフォローの手法です。 2つのパラボリックによって、トレンドの強さと反発の強さを同時に見ます。 反発をピンポイントで狙って、損失は小さくしますが、利益は目一杯伸ばし[…]

2つのパラボリック
おすすめ記事

パラボリックSAR パラボリックSARはトレンドの転換点をはかるテクニカル指標です。 SARはストップアンドリバースの略で、ストップはポジションを決済すること、リバースはドテンすることです。常にポジションを持つ続け、サインがでたらドテン[…]

パラボリックAFEPの比較