BOを乖離率の逆張りで攻略して6000万の利益!

BOを乖離率の逆張りで攻略して6000万の利益!|てるてるさんの手法

BOを乖離率の逆張りで攻略して6000万の利益!|てるてるさんの手法

てるてるさんについて

・生涯収支推定数千万円。
・腕のいいプログラマーだが会社を辞めて無職でいる。
・2012年頃からニコ生で配信を始める。
・毎月安定したマイナスを叩きだし、損切も遅れて捕まったときには絶叫するため、メシウマを期待するリスナーから人気を博す。
・プログラム技術を生かし、GMOクリック証券旧BO(バイナリーオプション)においてEAを開発する。
・EAによって旧BOで数千万(6000万?)の利益を出す。
・EAを使ってトレードをしていたことがGMOにバレて凍結される。
・FXの生涯収支は少しマイナス程度らしい
・会社員時代に同僚のミスからトラブルが起き、社員全員が協力して遅くまで残業をする中、一人だけ定時で帰って、社員から大ヒンシュクを買ったことがある。
・FXとBOは引退しているらしい。
・長らく無職を続けていたが、プログラム技術を評価されて、知り合いのベンチャー企業に高給で採用される。

てるてるさんの手法

トレーダーが業者から口座凍結される際には、たいていの場合ツールを使っていないにも関わらず、「ツールを使っている」「自動売買をしている」などと無理やり言いがかりをつけられるのですが、この人においては実際に自動売買をして凍結されたという珍しい人です。
勝っているのは旧BOのみで、FXも新BOも勝てていないらしいです。
手法はFXではなくて旧BOのものです。
まず5分チャートと乖離率を表示します。
期間は14(?)です。
ある一定の数値までいったら逆張りのエントリーをするのですが、数値はボラによって変更します。
直近の動きを見て、よく効いている数値を適用します。
FXで同じ手法でトレードしたら負けまくったらしいです。
本人が「BOで儲けた手法についてすべて話す」と言って何度か解説をしていたのですが、話すたびに内容が微妙に変わっていました。まとめるのに苦労するのですが、だいたいこんな感じです。
ちなみに旧BOというのは規制が入って今の形のBOになる前まで行われていたBOで、取引時間は業者によって変わりますが、5分から10分、スタートの時間の間隔は5分から15分くらい、倍率は1.8から2.0で、単純にスタートのレートから上か下に賭けるという、海外BOに近いものでした。
ギャンブル性が高いために国から規制が入った経緯があります。
GMOは取引時間が10分、スタートは5分おきでした。

GMOクリック証券旧BOイメージ

ためしにドル円5分チャート、乖離率14を使って単純に±0.05(±5%)タッチの逆張りで見てみます。
5分足の終値で±0.05タッチをしていたら、旧BOで逆張りエントリーすると想定します。
±0.05を抜けて上昇下降をしたら再び±0.05内に戻るまで見送ります。
検証という大げさなものではなくて、なんとなくイメージを掴むだけです。

BOを乖離率の逆張りで攻略して6000万の利益!

丸印でエントリーすると仮定します。
勝っているのですが、ぱっと見で勝ちそうなところに後付けでラインを引いているので、勝つのは当然です。
別の場面だとこんな感じ。

5分ドル円乖離率

順調に勝てていて調子がいいです。
次の場面を見てみます。

乖離率14の±0.05

トレンド発生でひどい状態になります。
乖離0.05ライン上を何度も往復して、サインが出まくる事態になってしまいました。
いや、こうなることはわかっていたんですが、単純に±0.05タッチでエントリーするというルールだから仕方ない。
と思いきや、落ち着いてひとつひとつのポジションを確認してみると、10分BOならこの図の場面はトータルでおおよそプラマイゼロになっているようです。
優位性があるような、ないような、裁量無しなら簡単にバックテストできますが、てるてるさんによれば、直近のボラによって数値の微調整はしていたようで、そこが肝になってきそうです。
逆にいえば、微調整をしていたということは、数値を固定していてはトータルで勝てない可能性があるということでしょう。
FXに適用できるかどうかですが、本人が「FXでそのまま使ったら勝てなかった」と言っているように難しいかもしれません。単純に時間を決済条件にすると、一撃で大きく負けることが多くなってきて、トータルでマイナスになるそうです。
だったら、損切幅を設定したり、トレンドの方向やレートの節目を組み入れたり、とやっていきたいのですが、出口のない迷宮にハマりこみそうで、腰を上げることができずにいます。

乖離率逆張りのポイント

ただ、トレンドが発生している状態で逆張りをしても、サインの出たポイントで一時的に反発することがよくあること、トレンドではなくレンジになれば当然勝ちやすくなること、ピンク丸のあたりの持続した上昇下降の動きではサインがうまい具合に出ないで回避できていることなど、何とかFXで使える手法に仕立てあげられないかと思っています。
FXだけではなく、むしろ今のBOでも使える場面は探せばあると思っています。
ただ、バックテストをしながら様々なファクター(おもにインジ)の数値を変更して最適化していくという作業が個人的にかなり苦痛で、なかなか手を出せずにいます。
そういうのが好きな人や、EA開発が得意な人は、挑戦してみる価値はあるのではないかと思います。
管理人も暇があれば、このスタイルで裁量の手法を作れないか考えてみたいと思います。
それなりに優位性のある手法ができあがったら、このサイトに記事をアップします。

 

おすすめ記事

日足と15分足EMA25のトレンドフォロー 日足の押し戻りを狙っていきます。 日足のEMA25でトレンドを確認した後に15分足でエントリーのタイミングをはかっていきます。 やみくもにエントリーしていっては利益は出ないですが、15分足の[…]

追加でエントリー
おすすめ記事

ブレイクアウトのだましを使って利益を出す手法 ブレイクアウトのだましが発生した際のロスカットに乗って利益を出していきます。 直近の高値安値にラインを引いて、ブレイクアウトが失敗したと確認してからエントリーしていくので、それなりに勝率が望[…]

ブレイクアウトのだましを使って利益を出す手法
おすすめ記事

ATR ATRは相場のボラティリティを測るテクニカル指標です。 ボラティリティとは、どれくらい相場が激しく動いているかを示したものです。 ATRが高水準だとボラティリティが大きい、低水準だとボラティリティが小さいと判断できます。 A[…]

ボラティリティ インジケーター