エクスパンションになってからトレードする

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは相場の勢い、反転、方向の目安を見るテクニカル指標で、標準偏差と正規分布の考え方によって算出されたバンドが表示されます。
バンドに張り付いた状態(バンドウォークと言います)になると、勢いがあると判断して順張りのサインです。

ボリンジャーバンドの使い方

トレーダーにとても人気の高いテクニカル指標です。
任意の期間の標準偏差を算出して、移動平均に対して加算したものをXσ、-Xσとして表示します。

相場の動きが激しくなるとバンドは拡大、動きが小さくなるとバンドが縮小する傾向があります。

統計学的には、相場の動きが正規分布である場合

ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率は68.3%です。
ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率は95.4%です。
ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率は99.7%です。

このように数値で見ると、ほとんどのレートがバンド内に収まることになり、逆張りとして使えば勝てるのではないかと思ってしまいがちですが、大きく動けばそれに合わせてバンドも拡大していくので、バンド内に収まる確率が高いのは当然だといえます。
たんに3σにタッチしてエントリーなど、やみくもに逆張りしないように注意が必要です。
考案者のジョン・ボリンジャーは逆張り指標ではなく、順張り指標として使うことを推奨しています。

大きな時間軸でどのようなトレンドが出ているのか、近くに重要な節目はないか、今後ボラティリティはどのように変化するのか、など総合的に判断する必要があります。

ボリンジャーバンドの注意点

レンジが続いてバンドが縮小することをスクイーズと言います。
大きく動いてバンドが拡大していくことをエクスパンションと言います。
バンドに沿ってレートが推移していくことをバンドウォークと言います。

エクスパンションになってからトレードする

スクイーズではトレードの機会はないというのがジョン・ボリンジャーの考え方です。
エクスパンションになってバンドウォークが起こり、はじめてトレードのタイミングをはかります。

おすすめ記事

かつて有効だった朝スキャ手法をアレンジしてレンジの上下を取る ボリンジャーバンドによってレンジを判断して、高値安値などの節目のポイントで上下の動きを細かく取っていきます。 レンジが続いている間はナンピンも使用して、積極的に利益を狙ってい[…]

かつて有効だった朝スキャ手法をアレンジしてレンジの上下を取る
おすすめ記事

ATR ATRは相場のボラティリティを測るテクニカル指標です。 ボラティリティとは、どれくらい相場が激しく動いているかを示したものです。 ATRが高水準だとボラティリティが大きい、低水準だとボラティリティが小さいと判断できます。 A[…]

ボラティリティ インジケーター
おすすめ記事

EMA長期中期短期を使った押し目トレード EMAのゴールデンクロスとRSIの買われすぎによって相場の勢いを判断します。 ただ、勢いが出た後に、一度は反発の売りが入ってくる可能性が高いです。 一連の売りがおさまって押し目を確認できたら、[…]

EMAとRSI