アリゲーター  Alligator   Gator Oscillator ゲーターオシレーター

アリゲーター Alligator Gator Oscillator ゲーターオシレータ 

アリゲーター Alligator Gator Oscillatorゲーターオシレータ

アリゲーターはビルウィリアムズによって考案されたもので、トレンドが発生しているかどうかを判断するテクニカル指標です。
緑、赤、青の3本の平滑移動平均線(SMMA)によって表示されます。
アリゲーターに使われているSMMAではCloceではなくMedianPriceが採用されています。

3本のラインが収束した後に広がっていくとき、動いた方向にエントリーします。

アリゲーター  Alligator   Gator Oscillator ゲーターオシレーター

アリゲーターは名前の通りワニの口に見立てられています。

緑線はLipsで唇 (5SMMAを3本先行)
赤線はTeethで歯 (8SMMAを5本先行)
青線はJawsで顎 (13SMMAを8本先行)

たんにMAを3本表示させるのではなく、少し先行させて表示しているのが特徴です。
各ラインが収束しているときはワニが口をとじて眠っている状態、拡散しているときはワニが口を開いて獲物を食いに行っている状態と考えます。
口をとじているときはトレードしない期間で、口を開け始めたときは捕食(エントリー)をするタイミングです。
この収束から拡散の考え方は移動平均だけではなく、さまざまなトレードで取り入れられています。
ボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンションの関係や、長いレンジの後のブレイクアウトなどが良い例でしょう。
相場が膠着した後に動き出すときは、損切や新規のポジションが取られやすくなり、大きな動きになることが多くなります。
アリゲーターはその相場の性質を利用していますが、アリゲーターを使うかどうかに関わらず、考え方そのものは普段の自身のトレードにも取り入れていただきたいです。

ゲーターオシレータはアリゲーターをヒストグラムとして表示したものです。

ゲーターオシレータ

アリゲーターに比べて、収束と拡散が一目で見やすくなっています。
反面、3本のラインがどのように反応しているかといった細かな動きは捉えにくいです。
両方を表示させておくのも有効でしょう。

おすすめ記事

RCI RCIとは時間と価格に順位をつけて、それぞれにどれだけ相関関係があるかを算出して、買われすぎ売られすぎを判断するテクニカル指標です。 また期間の違うRCIを重ねることによってトレンドの方向、強弱、転換を判断することもできます。 […]

RCI 3本
おすすめ記事

ウィリアムズ%R Williams' Percent Range ウィリアムズパーセントレンジ ウィリアムズ%Rは買われすぎ、売られすぎを判断するテクニカル指標です。 ラリーウィリアムズによって考案されたもので、計算に使う数値や、考え方[…]

ウィリアムズ%Rトレンドフォロー
おすすめ記事

1分足MACDとRSIで波に乗っていく MACDは世界中のトレーダーに大変人気のあるオシレータですが、レンジになるとダマシが頻繁に現れるというデメリットがあります。RSIとEMAでフィルターにかけることによって、精度の高いトレードを可能に[…]

MACDゴールデンクロス