チャートの完全攻略を目指すサイト

為替、株、商品、仮想通貨

ブレイクアウトのだましを使って利益を出す手法

ブレイクアウトのだましを使って利益を出す手法 ブレイクアウトのだましが発生した際のロスカットに乗って利益を出していきます。 直近の高値安値にラインを引いて、ブレイクアウトが失敗したと確認してからエントリーしていくので、それなりに勝率が望めて、損失も限定することができます。 トレード準備 ドル円の1時間足を表示します。 直近の高値安値にラインを引きます。 エントリーと決済 買いの場合の説明です。(売 […]

ボリンジャーバンドとEMAのクロスによって押し目を判断する

ボリンジャーバンドとEMAのクロスによって押し目を判断する ボリンジャーバンドと±2σのクロスによってトレンド中の押し目を取っていきます。 たんにEMAが上昇しただけではシグナルは発生しません。 チャンスは少なくなりますが、確実に取れるポイントでボリンジャーバンドを使ってエントリーしていきます。 トレード準備 ドル円1時間足を表示します。 EMA40を表示します。 ボリンジャーバンド(20、±2σ […]

ADX / DMI

ADX   /    DMI ADX/DMIはトレンドの強さを測るテクニカル指標です。 ADXはDMIで使われているひとつの数値なのですが、近年ではADXが有効なテクニカル指標として知られるようになり、各社ツールでもADXのみが独立して使われたり、あるいはADXとDMIが同義として扱われたりしていることもあります。 トレンドの方向は関係なく、上昇であっても下降であっても、トレンドが強くなればADX […]

かつて有効だった朝スキャ手法をアレンジしてレンジの上下を取る

かつて有効だった朝スキャ手法をアレンジしてレンジの上下を取る ボリンジャーバンドによってレンジを判断して、高値安値などの節目のポイントで上下の動きを細かく取っていきます。 レンジが続いている間はナンピンも使用して、積極的に利益を狙っていきますが、レンジを抜けたらすぐに損切をして損失を最小限にします。 トレード準備 ドル円の5分足を表示します。 ボリンジャーバンド(20、±2σ)を表示します。 ボリ […]

ATR アベレージトゥルーレンジ Average True Range

ATR ATRは相場のボラティリティを測るテクニカル指標です。 ボラティリティとは、どれくらい相場が激しく動いているかを示したものです。 ATRが高水準だとボラティリティが大きい、低水準だとボラティリティが小さいと判断できます。 ATR単体では売買サインの判断に使われることは少ないです。 ATRによって、これからのトレードがどれだけのリターンリスクになるかの予測がたてられます。 ATRがいくつ以下 […]

EMA長期中期短期を使った押し目トレード

EMA長期中期短期を使った押し目トレード EMAのゴールデンクロスとRSIの買われすぎによって相場の勢いを判断します。 ただ、勢いが出た後に、一度は反発の売りが入ってくる可能性が高いです。 一連の売りがおさまって押し目を確認できたら、再び買われて上昇していくところをエントリーして利益を狙っていきます。 トレード準備 ドル円5分足を表示します。 EMA200、EMA50、EMA10を表示します。 R […]

RCI  Rank Correlation Index

RCI RCIとは時間と価格に順位をつけて、それぞれにどれだけ相関関係があるかを算出して、買われすぎ売られすぎを判断するテクニカル指標です。 また期間の違うRCIを重ねることによってトレンドの方向、強弱、転換を判断することもできます。 多くのオシレーター系テクニカル指標は価格の値幅、高値安値、終値などに着目して算出されますが、RCIは順位によって算出されるという個性的なオシレーターです。 RCIは […]

日足と15分足EMA25のトレンドフォロー

日足と15分足EMA25のトレンドフォロー 日足の押し戻りを狙っていきます。 日足のEMA25でトレンドを確認した後に15分足でエントリーのタイミングをはかっていきます。 やみくもにエントリーしていっては利益は出ないですが、15分足の動きで精度を高めていきます。 勢いのある通貨、銘柄を選ぶことができれば、利益を伸ばしやすくなります。 トレード準備 ポンド円の日足とEMA25を表示します。 EMA2 […]

ウィリアムズ%R

ウィリアムズ%R Williams’ Percent Range ウィリアムズパーセントレンジ ウィリアムズ%Rは買われすぎ、売られすぎを判断するテクニカル指標です。 ラリーウィリアムズによって考案されたもので、計算に使う数値や、考え方、動きなどが、ストキャスティクス%Kと非常によく似ています。 ウィリアムズ%Rは0~-100の間を推移します。 ウィリアムズ%Rが-20以上なら売りサイ […]

MACD

MACD MACDは指数平滑移動平均の長期と短期の2本のラインを表示して、トレンドの方向や転換などを判断するテクニカル指標です。 トレンド発生時には特に有効ですが、レンジ相場には弱いというデメリットがあります。 シグナルがわかりやすいので、世界中のトレーダーに人気のあるテクニカル指標です。 MACDとMACDシグナルのゴールデンクロスで買いサイン、デッドクロスで売りサインです。 MACDが0ライン […]